スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNS関連株の終焉 明日から暴落か?

明日から「今まで払った金返せ」の民事裁判の嵐が吹き荒れるのか!?

昨日、消費者庁は、コンプリートガチャが景品表示法で禁じる懸賞にあたると判断した

懸賞による景品類の提供に関する事項の制限
(昭和52年3月 1日公正取引委員会告示第 3号)

1 この告示において「懸賞」とは、次に掲げる方法によつて景品類の提供の相手方又は
  提供する景品類の価額を定めることをいう。
  一 くじその他偶然性を利用して定める方法
  二 特定の行為の優劣又は正誤によつて定める方法

5 前三項の規定にかかわらず、二以上の種類の文字、絵、符号等を表示した符票のうち、
  異なる種類の符票の特定の組合せを提示させる方法を用いた懸賞による景品類の提供は、してはならない。

懸賞による景品類の提供に関する事項の制限5項に分類される
つまり違法だった訳である
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120504-OYT1T00821.htm

「ドル箱を失った」だけでは終わらない可能性がある

今までにコンプガチャで売り上げた1200億円とも言われている金額が返金請求される可能性が残っている。

サラ金グレーゾーン金利の問題でもお解かりのとおり、今まで売り上げたお金を
消費者から法定金利を上乗せして過払い返還請求された訳です。
その結果あれだけの大手サラ金会社が破綻に追い込まれたわけです。

今回行政側は注意勧告に収まるが、民事訴訟は別物です

株式上場すら危険にさらされます。 上場廃止問題にまで発展するかは分からないが
大幅な株価下落は避けられないと思う


みんなの株式から引用
http://minkabu.jp/blog/show/433595
スポンサーサイト

為替 ドル円 動向 10/16

 為替市場は完全に来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で想定されているQE2(追加金融緩和)を織り込んだ形で、ドル安、金価格上昇、米長期金利低下傾向が続きそうだ。この状況下、現在明白な事象としてドル安、株価はリフレ圧力から上昇、グローバルな金利低下傾向となっている。欧州中央銀行(ECB)理事のウェーバー独連銀総裁は出口政策を示唆するような発言をしているが、オーストリア中銀のノボトニー総裁からはECBの債券買い取りはまだ安全策として維持すべきとの発言もあり、ECBの大勢はまだ債券買い取り中止の方向ではないことは確かである。一方、FOMC議事録によると、9月のFOMCではインフレターゲティング政策・物価水準・名目国内総生産(GDP)などを目標とすることが検討されたようで、より追加緩和政策の期待を市場に抱かせたと思われる。

来週はG20サミットを前に口先「断固介入」のみか

 来週は重要な経済指標はなく、週初の18日に8月対米証券投資、9月鉱工業生産、19日に9月住宅着工件数などが発表される程度である。最大の注目材料は22-23日に韓国で開催されるG20財務相・中銀総裁会議であり、G7で介入は肩身の狭い立場であったが、G20では中国、韓国などが自国通貨安政策を明確に打ち出してある。議長国の韓国の対応に注目である。菅首相はやや自業自得的な発言で韓国・中国を名指しで介入批判をしたツケは大きく、自国通貨を大幅に安くしない限り、要はスムージングオペレーションであれば、欧米からの批判を回避できるかはどうか波乱含みである。
 テクニカル的にも市場のムードは徐々に上値が切り下がって来ており、円高の先高感は依然強くドル円の戻り売りスタンスが続くだろう。中期支持線が88円→81.66円ですでにこの支持線を割れて、一時的に81円を割れて80.88円まで付けた。これが直近の上値の抵抗ポイントとなる。上値は依然重く、直近では21日短期抵抗線は82.38円近辺で上値を抑制している。当局の介入がない場合は15年振りに79.75円を付けてさらなる新値を試す展開か。




1円オークション/ネットオークション/ペニーオークション/ペニーオークション/ポイントオークション/ポイントオークション相互リンク/安オク/ヴィンテージ/博多もつ鍋/携帯アフィリエイト/携帯無料ホームページ




為替市場は小動き、ドルCHFはややドル買いへ振れる

 為替市場は3日発表の米8月雇用統計を控え、小動きを継続。ドル円は84円前半、ユーロドルは1.28ドル前半でもみ合いの展開に終始している。ただドルスイスフラン(CHF)は、ドル買いが優勢に。1.0110-20CHF台でこう着していたが、NY中盤以降には1.0160CHF手前へ上振れし欧州時間からの下落を帳消しとしつつある。 3時31分現在、ドル円は84.27円、ユーロドルは1.2807ドル、ドルCHFは1.0155CHFで推移。
スプリンターズステークス 2010/スプリンターズ・S 2010/スプリンターズステークス 2010 スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010

アジア関連株に注目

 当初、日経平均9,000円、1ドル=85円死守されると考えていたたが、ともに割れてしまった。政府・日銀の対応は想定以上に遅く、米国の経済指標も予想以上に悪かった。我々が主張した数値の中で、まだ割れていないのはTOPIXのPBR1倍の790ポイントである。2011年3月期の予想ROEは7%と資本コストを上回るため、PBR1倍は維持可能であるという見通しである。日経平均は過去1年間の下値支持線の9,000円を割れてしまったが、まだ完全に下放れした訳ではない。一時1ドル=80円割れとなった1995年度の金融除く東証1部の経常利益は15%の増益だった。今回も1ドル=80円でも、リストラ効果が寄与して50%の大幅増益が達成可能であることを評価すべきだろう。日銀は30日に金融緩和を行い、政府は31日に経済対策を発表する予定と報じられている。政府・日銀の対応はtoo late too smallとの批判を浴びそうだ。日本独自の株高要因が見当たらない中で、日本株は引き続き海内動向次第の動きとなろう。


債務整理/グリーンチャンネルスプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010

米債は買い優勢、10年債利回りは2.598%まで低下

弱い米8月フィラデルフィア連銀製造業指数の結果を受けて、米債は買いが強まる展開。米10年債利回りは2.598%まで低下。米2年債利回りは0.480%を割り込み、過去最低を更新している。
 23時4分現在、ドル円は84.94円、ユーロドルは1.2872ドル、ユーロ円は109.29円で推移。


携帯アフィリエイト/博多もつ鍋/Lex Corp blog/サテライトシステム


プロフィール

Author:株マニア
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。